カテゴリー:解決法の記事一覧

カテゴリー:解決法
女の子に多い?子どもの脱毛・ハゲの原因は!?対処法はある?
女の子に多い?子どもの脱毛・ハゲの原因は!?対処法はある?

女の子のお子さんがいらっしゃるママさん。

 

 

我が子の髪を結んであげている時に、
もし、10円ハゲを見つけてしまったらどうしますか?

 

 

間違いなく、最初はびっくりすると思います。

 

 

そして、次に思うのが

 

 

「この子・・・そんなに悩んでいたのかしら」

 

 

と心配になり、

 

 

「ママ、気づいてあげられなくてごめんね・・・」

 

 

と自分を責めてしまいます。

 

 

 

 

実はこれ、我が家のお話です。

 

 

我が家の5歳のお姫様に、3つも10円ハゲを見つけてしまったときの、私の心境そのものなんです。

 

 

 

 

(画像は頭頂部にある2つのハゲ。ほかに側頭部にも…)

 

 

しかし、禿げてしまったものは、もう仕方がありません。

 

 

さて、そんな禿げてしまった我が子ですが、
一体なぜ禿げてしまったのでしょうか?

 

 

今回は、その原因と対処法について、お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

ハゲたときに受診するのは何科?

 

 

ハゲを見つけて一瞬パニックになったのですが、どうにかして治さなければなりません。

 

受診するのは、もちろん「皮膚科」です。

 

 

子どももまだ5歳ですし、とりあえず最寄りの皮膚科へ行ってみました。

 

 

そこで医師に言われた診断名は、やはり「脱毛症」。

 

 

そしてもう一つ言われたことは

 

 

「よく世間では、ストレスが脱毛の原因になると言われていますが、実際のところ、医学的な証明はされていません^^」

 

 

そ、そうなのぉぉ!?

じゃぁ、この子は悩んでいなかったんだ~ホッ

 

 

しかし、話にはまだ続きがありました。

 

 

「あ、でもですね~、結果的に、脱毛症になった人は、心のトラブルを抱えているんですよね。医学的証明はされていないんですけどね^^」

 

 

ズドーン!!!と再び落とされました。

 

 

結局、先生が言わんとすることが理解できぬまま終わってしまいましたが、

一日二回、患部に塗布する軟膏を処方され帰宅。

 

 

普通子どもの病気の場合は、再発がないか確認するため、1週間後に再診しますよね。

 

 

でも、髪の毛の場合、1日に伸びるのは約0.3ミリ。

 

 

1週間だと0.3ミリ×7日間=2.1ミリ。

 

 

なかなか目視ではっきり確認できないため、1ヶ月経っても生えなければ来てください、とのお話でした。

 

 

 

 

2週間後に異変が!!!

 

 

 

皮膚科で処方してもらった軟膏もあるし、生えるのが確認できるのは1ヶ月先だから~とのんきに構えていた私。

 

 

ところが、ある日、軟膏を塗り始めてからおよそ2週間経過後。

 

 

ハゲの部分に、どでかい白ニキビが!!!!!!

 

 

ニキビができると、せっかくこれから生えようとしていた、毛髪の毛穴がふさがってしまう。

 

つまり、治療が振り出しに戻ることに・・・・

 

 

ものすんごい悪循環です!!!

 

 

そこで、セカンドオビニオン♪

 

別の皮膚科に行くことに。

 

 

以前の皮膚科で処方された軟膏を持って、状況を説明。

 

 

すると、やはりまずはニキビ(化膿部分)の治療を先に行わないと、育毛へ進めないとのこと。

 

 

そこで、ニキビが治るまでの弱いステロイド剤と、ニキビが完全に消えてから使用する水剤?を処方してもらいました。

 

 

この水剤?は、独特なニオイがして、お風呂上りなど、血流の良い時には使用できないのですが、軟膏とちがってベタベタしないため、ニキビの再発も起きなさそうです^^

 

 

 

まずはこれを3週間続けてみて、再度診察を受けることになりました。

 

 

ひとまず安心…

 

 

 

 

 

 

さらに3週間後、驚愕の事実発覚!

 

 

3週間経過したものの、見た目ではな~んにも変わりのない、ハゲた娘の頭。。。

 

 

それでもお約束なので、診察を受けに行きました。

 

 

 

「先生、やっぱり生えません。大丈夫なんでしょうか?うちの子、これでも女の子なんです(オイ!)」

 

 

そこで先生、柄のない虫眼鏡のようなものを持ち、

 

 

「はい、どれどれ~…」

 

 

 

そして、

 

 

「あっ!!!!!お母さん、ちょっと見てください!」

 

 

 

え?なにごと?ヤバイの?一生ハゲなの?と心臓バクバクしましたけど、

虫眼鏡っぽいそれを覗き込むと、短い毛が何本も見えました。

 

 

そして、先生は

 

「これ、この毛の先端を見て!生え縦なら、毛先は細いはずなのに、この毛先は太いままですよね?」

 

 

 

さらに続けます。

 

 

「おかあさん!これ、ハゲたんじゃなくて、切れたんだ!」

 

 

 

はい、驚愕の事実~

 

 

ハゲたと思っていた我が子の頭、実はハゲではなく、根元でブチっと切れていたのでした。

 

 

子どもの髪の毛って、細くてすぐに切れてしまいそうなのですが、

夏の暑い日に、毎日結んであげた髪の毛が、日ごと引っ張られてさらにもろくなり、

あるタイミングで耐えられなくなり「ブチッ」と切れたのでした。

 

 

 

このことがわかってから、ものすごく気持ちが楽になりました。

 

 

だって…精神的な苦痛が原因じゃなかったんですから♪

 

 

 

 

 

さいごに

 

 

 

私の周りでも、お子さんが10円ハゲのようになってしまう子が何人かいました。

 

 

 

でも、なぜか全員「女の子」だったんですよね。

 

 

 

しかも、ハゲた時期も同じく「秋」で、ロングヘアの子ばかりでした。

 

 

 

女の子って、幼稚園・保育園の時期からすでに女の世界があって、男の子と比べると、確かに色々あるんです…

 

 

ハゲた=ストレス

 

 

 

と、つい考えがちですが、我が子のようにただ髪が切れただけ、なんてパターンも多そうです。

 

 

そして心配な我が子のハゲもどきですが、その後、ちゃんと生えてきましたよ^^

 

 

今回の記事、

 

もし私と同じような不安にかられたママさんがいらっしゃいましたら、少しは救いになったでしょうか?

 

 

確かに、病気による脱毛などもありますから、必ず病院で診察してもらってくださいね!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます☆

子どもとのお風呂タイム!おすすめの木酢液!
 
 
子どもとのお風呂タイム。
 
ゆっくりと、子どもと向き合える、貴重な時間です。
 
 
 
 
さて、大人と比べて、
非常に敏感な、子どもの肌。
 
 
「子どものあせも!薬を使わない予防・対策方法とは?」の記事でも紹介しましたが、木酢液での入浴は、あせも対策に効果があります。
 
 
今回、我が子の敏感肌・あせもが酷いために、
いろんな入浴法を試してみました。
 
 
中でも、効果のあった「木酢液」入浴。
 
 
とても良い木酢液を見つけましたので、
ご紹介したいと思います。

この記事の続きを読む

もう怒鳴りたくない!怒鳴らない子育ての秘訣
もう怒鳴りたくない!怒鳴らない子育ての秘訣
 
 
育児は忍耐の連続です。
 
 
服でも、靴下一つで「それイヤ!」と言われ、
お出かけの時間になっても、なかなか準備しない。
 
 
お片付けはしないで、散らかし放題。
 
 
バスや電車で、大声をあげるし、
スーパーでも走り出してしまう。
 

「いい加減にしなさーーいっ!!!(# ゚Д゚)」
 
と、怒鳴ってしまうことが多々ありますよね。
 
 
 
怒鳴ったところで、すんなり言うことを聞いてくれるわけでもなく、
ギャン泣きして、なかなか泣き止まなかったり、余計にイライラすることも。
 
 
それでも、ママも人間なのです。
 
 
イライラして、いろんなことを我慢して、
つい怒鳴ってしまうんですよね。

この記事の続きを読む

子どものあせも!薬を使わない予防・対策方法とは?
子どものあせも!薬を使わない予防・対策方法とは?
 
 
 
子どもって、本当に暑がりですよね!
 
 
我が家には、4歳の幼稚園児がいますが、
幼稚園にお迎えに行くと、いつも汗だくで帰ってきます。
 
 
夜寝ているときも、
かけているお布団は、すぐに蹴とばして、
何もかけずに寝ています。
 
 
何度かけても、蹴とばされ、
も~いたちごっこ!!!
 
 
幼児に限らず、赤ちゃんも結構暑がりです。
 
 
冬などはいいのですが、
注意したいのが、夏の季節。
 
 
暑がりな上に、肌も敏感なため、
すぐに、肌トラブルを起こしてしまいます。
 
 
特に、あせも。
痒がって、掻きむしりすぎて、肌から出血。

この記事の続きを読む