子どもとのお風呂タイム。
 
ゆっくりと、子どもと向き合える、貴重な時間です。
 
 
 
 
さて、大人と比べて、
非常に敏感な、子どもの肌。
 
 
「子どものあせも!薬を使わない予防・対策方法とは?」の記事でも紹介しましたが、木酢液での入浴は、あせも対策に効果があります。
 
 
今回、我が子の敏感肌・あせもが酷いために、
いろんな入浴法を試してみました。
 
 
中でも、効果のあった「木酢液」入浴。
 
 
とても良い木酢液を見つけましたので、
ご紹介したいと思います。

 
 
 
 

ニオイの気にならない木酢液!

 
 
木酢液は、肌に良いのがわかっていても、
独特なニオイがあるため、
嫌煙される方も多いと思います。
 
 
私も、そんな中の一人でした。
 
 
まだ、大人はなんとか
「効果があるから!」と納得できるので、
ニオイを我慢することはできます。
 
 
でも、子どもはそうはいきません。
 
 
ニオイが嫌で、お風呂が嫌いになってしまったら、
元も子もないですよね。
 
 
そこで、いろいろリサーチし、
実際に購入してみた結果、
とっても良い木酢液を見つけました!
 
 
じゃじゃーん!
 
mokusakueki
 
 
 
ご覧のとおり、よくある木酢液と違い、色もほぼ透明です。
 
 
ニオイはというと、原液に鼻を近づけると、ほんのり煙のニオイがする程度です。
原液でニオイレベルがこの程度なので、湯船のお湯に入れるとほとんど気になりません。
 
 
 
 
入浴後に、子どもに変なニオイがしなかった?と聞いても、
ん?なんのこっちゃ?というくらいでした。
 
 
さらには、発がん性物質が心配になる木酢液ですが、ちゃんと分析検査も行われており、問題の無いことが証明されています。
 
小さな子どもに使う場合、とっても安心です。 
 
 
ちなみに、こちらの商品、私は無駄にしたくなかったため、お試しとして売られている少容量の物を購入しました。
 
 
それでも、自宅の湯船で使用したとして、5回分くらいにはなりました。
 
 
どうも気になるけど、買った後で捨てる羽目になるのは…と不安な方は、お試しを購入されるといいかもしれませんね。
 

 
 
 

木酢液入浴の効果は?

 
 
さて、ニオイがしないのはわかったけれど、効果はあるのか?というところです。
 
 
効果としては、とにかく湯冷めがしない!
お風呂からあがっても、体が温まってポカポカしていました。
 
 
あせもに効果があるので、夏場はもちろん大活躍なのですが、
この保温効果なら、冬でもじゃんじゃん使えそうです。
 
 
とくに、子どもは、夏だけではなく冬でも汗疹ができやすいので、本当に一年を通して使えるアイテムですね。
 
 
 
 
もちろん、敏感肌なのに汗っかきで、すぐに汗疹だらけになる我が子は、
この木酢液で、すんなりキレイな肌になりましたよ。
 
 
 
 

ママにも嬉しい効果が!

 
 
 
 
これは余談になってしまうかもしれませんが、私自身、背中のニキビがひどくて悩んでいました。
 
 
薬を塗るにも、背中はなかなか手が届かず、子どもに頼んでも、塗って欲しいところに塗ってくれません(笑)
 
 
旦那様という手もありますが、毎度お願いするのも申し訳ないし、不在時は当然塗ることもできません。
 
 
 
 
しかし、この木酢液入浴を続けて1週間ほどで、ニキビ特有の痒みが消え、嫌なプツプツが無くなりました。
 
 
あれこれ試していた、背中用の薬や美容液でも治らなかった背中ニキビが、木酢液入浴であっさり解決。
 
 
 
 
残念ながら、ニキビ跡は無くすことはできませんが、痒みとプツプツが消えてくれただけでも、大満足です^^
 
 
 
 
 

さいごに

 
 
 
 
近年、子どもや赤ちゃんに、なるべく薬を使いたくない、というママさんが増えてきています。
 
 
パパッと治すには、薬を使うのが確かに手っ取り早いですし、そのほうが子どもの不快感を取り除いてあげることができます。
 
 
でも、治っては再発して…の繰り返しも多く、結局ずっと薬を使うことになってしまったりもしますよね。
 
 
 
 
我が子もまさに、そんな感じでした。
 
 
 
 
でも、薬ではなくても、効果が十分に期待できるものが、たくさん存在します。
 
 
体質によって、合う合わないはあるかと思いますが、もし、同じお悩みをお持ちの方に、今回の記事が、少しでもお役に立てればと思います。
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。