バースプランとは?どうやって書いたら?書き方は?
 
 
待望の赤ちゃんを授かり、幸せな妊娠期間。
 
 
病院や市区町村の保健センターなどの、
母親教室で、妊娠期間中の注意点や、出産してからの勉強など、
頑張っているママさんが多いですよね。
 
 
さて、その中で
「バースプラン」という言葉を聞いたことはありませんか?
 
 
現在、産院などで受け付けてくれる、
希望の出産を行うために、妊婦さんが作成する「バースプラン」。
 
 
今回は、バースプランとは何か?
どうやって書いたらいいのか、書き方についてお伝えしたいと思います。
 

 
 
 
 

バースプランとは?

 
バースプランとは、ちらっと書きましたが、
これからママになる妊婦さんが、
希望の出産を行うために、出産前に作成して、産院に提出するものです。
 
 
バースプランを受け付けてくれる産院と、
扱っていない産院とあります。
 
 
事前に、通っている産院に確認したほうがいいですね。
 
 
大々的に受け付けてはいない産院でも、
言ってみたら、受け付けてくれた、
というお話も聞きます。
 
 
ダメ元で聞いてみると、案外良いかもしれません。
 
 
 
また、受け付けてくれる産院の場合でも、
必ず提出しなければならない、というわけではありません。
希望がなければ、提出しなくても構いません。
 
 
ですが、一生に何度もあるわけではない「出産」です。
できることなら、自分の希望に近いもののほうが、
素敵な思い出になるのではないでしょうか?
 
 
 
 
 
さて、バースプランについて。
 
 
希望の出産を、作成して、提出する、
と言っても、わかりずらいですよね^^;
 
 
 
例えば、陣痛室での過ごし方では、
 
・好きな音楽を聞いていたい
・好きなアロマを焚いていたい
 
 
分娩室に入ってからでは、
 
 
・主人の立ち合いを希望したい
・ビデオ・写真撮影をしたい
 
 
産後の場合では、
 
 
・カンガルーケアを行いたい
・会陰切開はしないで欲しい
・へその緒は、自分で切りたい
・産後の胎盤を見てみたい
 
 
その後の過ごし方では、
 
 
・完全母乳で育てたい
・産後すぐは休みたいので、少し赤ちゃんを預かってほしい
 
 
などなど、出産一つに関しても、
人それぞれ、希望が異なります。
 
 
「したい・してほしいこと」
「したくない・してほしくないこと」
 
 
を書けば良いんです。
 
 
 
 

バースプラン!私の場合

 
私の場合は、妊娠中は、ほとんどの期間が出血で、
切迫流産~切迫早産でした。
 
 
そのために、何かあっても対処可能な
総合病院で出産することを決めました。
 
 
総合病院って、なんだか忙しいイメージがあるのですが、
私の通っていた病院では、病院の母親教室の中で、
「バースプラン」と「カンガルーケア」を推奨していました。
 
 
実はその時まで、バースプランって何?
ってくらい、存在を知りませんでした。
 
 
私も、いろんな出産を調べて、
希望をまとめて提出したんですが、
今思えば、あんなことも、こんなこともしたかったなぁ~と
思うことがいっぱいありました。
 
 
 
そして、書いたけど、叶う余裕がないってこともあるんですよね。
 
 
 
そこで結論。
 
 
良いバースプランを作るには、
先輩ママのバースプランをたくさん見ることが一番!
 
 
初めて出産を迎える、プレママさんの場合、
「えっ!その発想は無かった!」ということがたくさんあります。
 
 
経験を積んだ方には、かないませんからね(笑)
 
 
 
 
 
そこで、私のバースプランを公開したいと思います!
 
 
じゃじゃ~ん!!!
 
birthplan
 
 
・分娩直前まで読んでいたい絵本があるので持ち込みたい
・分娩直前まで聞いていたい音楽があるので、MP3プレーヤーを持ち込みたい
・なるべく陣痛促進剤は使わないでほしい(ただし必要に応じて許可)
・赤ちゃんの都合以外での会陰切開は望まない
・分娩時に会陰マッサージをお願いしたい
・赤ちゃんの都合以外での吸引分娩・鉗子分娩は望まない
・生まれたらすぐに赤ちゃんを触りたい
・カンガルーケアを希望
・へその緒がついている状態の赤ちゃんの写真を希望
・カンガルーケア最中の写真を希望
・誰よりも一番最初に抱っこしたい
・胎盤は見たくない(血が苦手…)
・家族がいつでも自由に面会できるようにしてほしい
 
 

 

私のこだわりは、

あくまでも「赤ちゃん」を第一に考えてほしいという願いでした。

 

 

私の体ではなく、医師や助産師さんの手間ではなく、

赤ちゃんのことを気遣ってほしい。

 

そして、私たち夫婦にとっては、初めての子ども。

私の両親にとっては、初めての孫でした。

 

会いたい気持ちは、私と同じようにあるだろうと考え、

自由に面会できることも、こだわりの一つでした。

 

 
みなさんそれぞれ、こだわりもあると思いますが、
こんなバースプランでも、
どなたかのお役に立てれば、嬉しいです。
 
 
 

余談ですが…陣痛促進剤を使わなかった結果

 
 
 
私は、バースプランに
「陣痛促進剤は使わないでほしい」
と書きました。
 
 
で、実際陣痛室に入ってから、
絵にかいたように、順調にことが進み、
トントントーン!と分娩台へ上がりました。
 
 
んが!!!しかし!
分娩台に上がった途端、
陣痛が微弱に。
 
 
 
しかし、しっかりとバースプランに、
促進剤使用はしないで!と書いています。
 
 
 
 
この後、どうなったと思いますか???
 
 
分娩室には、3人の助産師さんと、
何か起きた時の為に、担当医師がスタンバイしていました。
 
 
「陣痛が微弱になった」という、一人の助産師さんの言葉を聞き、
すぐさま、他2人の助産師さんに囲まれ、そして。
 
 
 
 
そして。
 
 
 
 
そして。。。。
 
 
 
 
 
乳首を思いっきり揉まれました(笑)
 
 
 
 
助産師さん一人に、私の乳首が一つ。
 
 
2人いるので、1人一つ担当です。
 
 
 
しかも、みんな真剣。
誰一人、くすっとも笑わない。
 
 
 
なんとも不思議な状況でした(笑)
 
 
 
 
子宮に刺激を与えるのが目的だったんですけど、
これ、一生忘れられない思い出です(笑)
 
 
 
 
結果的に、陣痛促進剤の使用はせずに済みましたが、
こんなこともありますので、これから出産を迎えるママさん、
ひとつの情報として、知っていたほうがいいかもしれませんよ!
 
 
 
 
 

さいごに

 
出産は、女性にとっては、
一生で一番の大仕事です。
 
 
痛みに耐えながらも、
体力を使い、消耗します。
 
 
命を生むとは、それほどまでに大変なこと。
 
 
生まれた瞬間、お腹にいた子どもと対面した時、
それまでの辛い時間なんて、ぜーんぶ吹っ飛んでしまうんですけどね^^
 
 
せっかくなら、もっともっと素敵な、
忘れられない出産にしたい。
 
 
そんな想いを叶えるためにうまれた「バースプラン」
 
 
ぜひ、出産の時を想像しながら、
楽しんで作ってみてくださいね!
 
 
これから素敵なママになる、みなさんへ。
楽しい出産を!
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます☆