七五三!母親の服装は?

子どもの、一大イベントの一つに、 「七五三」があります。

成長を祝って、お参りする、 とても、大事な行事です。

七五三といえば、男の子は袴、女の子は着物、 と、決まっていますよね。

でも、付き添う親の服装って、一体どうしたらいいの? と、悩む方も、多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、 七五三での、親の服装について、調べてみました。

 

七五三参り 親の服装のマナー

 

お参りに行く、神社とは、 神聖で、正式な場所です。

私が、我が子の七五三参りに行った時は、 有名な神社へ、行きましたが、 周りの母親の服装は、とにかくみんな様々でした。

着物の人もいれば、スーツの人、 ブラウスにスカートの人もいました。

中には、デニムにTシャツという方も…。

これを着なければいけない、という 正解は、特別ないようですが、

・主役の子どもを、引き立たせる装い ・父親の服装と合わせる ・肌の露出を控える ・肩を出さない ということが、とても大切なようです。

七五三の主役である、子どもよりも目立ってはいけないですし、 父親がスーツなのに、母親がカジュアルなのも、アンバランス。

神聖な場では、肩が出たり、 過度に脚が出るミニスカートなども、失礼にあたります。

この点だけ、気をつけると、 マナー違反には、なりません。

 

 

母親は何を着たらいいの?

 

お参りに行く、母親のほとんどが、 着物か、スーツを選ぶと思います。

着物の場合

子どもの着物よりも、格下となる物を選びます。 そのために、「準礼装」となる着物が良いでしょう。

付け下げ・訪問着、色留袖や色無地紋付、が準礼装に当たるようです。

ただし、中には、子どもがスーツでお参りをする、 という場合もあります。

その場合は、主役の子どもよりも、親は格下の服装をしますので、 母親が着物を着ることは、あまり適していません。

また、着物の場合の髪型は、 シンプルな、まとめ髪にしてください。

成人式のような、ゴージャスなまとめ髪は、NGです…。

 

スーツ・ワンピースの場合

淡い色のスカートスーツ、 黒のワンピースに、淡い色のジャケット、 という母親が、大半を占めていました。

正式な場所なので、フォーマルスーツがいいのかな? と思われる方も、多いと思います。

もちろん、フォーマルスーツでも、問題はありません。 ですが、実際にお参りに行くと、 フォーマルスーツを着ている母親は、一人も見かけませんでした。

子どもの成長をお祝いする、ということもあり、 華やかなイメージが、大きいことからなのかもしれませんね。

フォーマルスーツなど、黒っぽいスーツの場合、 真珠のネックレスや、コサージュなどを使い、 華やかにすると良いかもしれません。

七五三を迎えるお子様に、 弟や妹など、小さなお子様がいる場合は、 パンツスーツなど、動きやすいものでも、問題は無いようです。

髪型は、ゴージャスになりすぎなければ、大丈夫です。

足元は、シンプルなパンプスで。 サンダルやミュールはNGです。

 

私はこれを着て行きました

 

我が子が、七五三のお参りに行ったのは、 2歳ではなく、満3歳を迎えた年の10月でした。

本当は、淡い色のスーツが良かったのですが、 10月と言えば、秋です。 私の住む北海道は、若干寒いくらいです。

肌寒い中、淡い色のスーツよりも、 シックなグレーや黒のほうが、いいのかなと思っていました。

また、満3歳での七五三だったので、 翌年の春に、幼稚園の入園式も、迫っていたのです。

毎日着るわけでもなく、 二着も、スーツセットを買う余裕など、ありませんでした。

今後の着まわしなども考え、悩みに悩み、 グレーのジャケットに、黒のワンピースのセットを購入しました。

色が暗めになってしまったので、 首元に、ベージュのコサージュと、真珠のネックレスを。

子どもの着物も、黒だったのですが、 ちょうど良いバランスに、なりました。

 

ちなみに、入園式では、 ベージュのジャケットだけを、別に購入して、 ワンピースを着まわすことで、家計費も抑えましたよ。

 

さいごに

 

決まりが無いとなると、やっぱり不安になります。

「七五三では、これを着て下さい」

と言われた方が、色々と楽ですよね。

 

でも、最低限のマナーさえ守れば、 何も失礼にあたりませんし、人から指をさされることもありません。

 

主役は、あくまでも子どもなので、 実際は、あまり他の母親の服装など、 見る余裕もありません。

 

今回の記事で、少しでもお役に立てれれば、 私も、とっても嬉しいです!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。