子どもの将来!学費にいくらかかるの?
 
 
子どもを育てるのに、
いろいろとお金がかかる…と言いますよね。
 
「もっとお金があれば、もう一人子どもが欲しいけど」
 
なんて言葉も、よく耳にします。
 
 
まだ小さい赤ちゃんの頃は、医療費も初診時のみですし、
おむつや粉ミルク、肌着や服ぐらいしか、必要ありません。
 
 
しかし、将来、
幼稚園・小学校・中学校・高校・大学
と進んでいきます。
 
 
お金があまりかからない、子どもの小さいうちから、
将来に備えて、貯金する必要がありそうです。
 
 
でも、一体これから
学費にいくらかかるのでしょうか?
 

 
我が家にも、現在幼稚園児が一人います。
自分のためにも、ちょっと調べてみることにしました。
 
 
 
 
 

年代別に見てみよう

 
幼稚園・小学校・中学校・高校・大学、と
それぞれについて、調べてみました。
 
 
※あくまでも、全国の平均として計算しています。
 

 

<幼稚園>

 
4歳になる年度に、年少から入園し、
三年間通園した場合で計算しています。
 
・公立幼稚園  約696,000円(月々19,000円×3年間)
・私立幼稚園  約1,613,000円(月々45,000円×3年間)
・認可保育園  ≒公立幼稚園 月々20,000~30,000円
 
比べてみると、公立幼稚園よりも、私立幼稚園のほうが保育料がかかるのですが、
私立幼稚園に通う場合に限り、「私立幼稚園就園奨励費補助金制度」というものがあります。
 
 
この制度により、各家庭の所得に応じて
毎年65,000円~120,000円の補助金が受け取れます。
 
 
 

<小学校>

 
幼稚園の時の保育料はありませんが、
教育費・教材費・給食費・他活動費が発生します。
 
・公立小学校  約1,825,000円(月々25,000円×6年間)
・私立小学校  約8,792,000円(月々122,000円×6年間)
 
 
 
6年間での、公立・私立小学校の差は、
なんと6,967,000円!!!
 
 
幼稚園の時は、さほど差がありませんでしたが、
小学校になると、6年間ということもあり、
公立・私立で、大きく金額の差が出てきました。
 
 
 

<中学校>

 
・公立中学校  約1,379,000円(月々38,000円×3年間)
・私立中学校  約3,836,000円(月々107,000円×3年間)
 
公立・私立での差は、2,457,000円。
 
 
小学校ほどではありませんが、
それでも200万円を超えるのは、さすがに大きいです。
 
 

 

<高校>

 
・公立高校  約1,180,000円(月々33,000円×3年間)
・私立高校  約2,768,000円(月々77,000円×3年間)
 
学校給食費がなくなった分、
差額はそれほど感じません。
 
 
それでも、公立・私立の差は100万円を超えていますね。
 
 
 

<大学>

 
・国立大  約2,626,000円(月々55,000円×4年間)
・公立大  約2,687,000円(月々56,000円×4年間)
・私立大  約5,267,000円(月々110,000円×4年間)
・私立大(医学・歯学) 約24,233,000円(月々505,000円×4年間)
 
私立大は、国公立の約2倍の学費がかかりますね。
 
 
また、医学部・歯学部の学費が圧倒的なのは、
言うまでもありません…
 
 
 
 

必要最低限の教育費用を計算してみると

 
では、この中で、
一番、教育費用のかからないコースを進んだとすると、
いったいいくらになるでしょうか?
 
公立幼稚園→公立小学校→公立中学校→公立高校→国立大
 
    696,000円
   1,825,000円
   1,379,000円
   1,180,000円
   2,626,000円
合計 7,706,000円
 
この金額を、多いと感じるか、少ないと感じるかは、みなさん次第です。
 
 
この中には、進学塾や、習い事に関する費用、
大学での、一人暮らしへの仕送りなどは含まれていません。
 
 
 
 
 

学費は貯金しなくてはならない?

 
仮に、先程算出した7,706,000円が将来必要だとして、
このお金をすべて貯金しておかなくてはならないのでしょうか?
 
 
 
トータルで見ると、確かに700万円というのは大金です。
 
 
でも、いきなり700万円を
一括で、支払わなくてはならないわけではありません。
 
 
例えば、月々で見てみると、
公立高校では月33,000円、私立高校では月77,000円です。
 
 
塾の費用は考えないとすると、
30,000~80,000円であれば、
主婦の方のパートで、なんとか賄えそうな金額です
 
 
つまり、将来の学費として、
貯金しておかなければならないのは、
月々の学費ではなく、一括で支払はなくてはならないもの、
大学へ進学した場合の、入学金と初年度の費用です。
 
 
 
 
初年度の費用とは、授業料+入学金+施設設備費です。
 
・国立大・公立大 
  入学金  280,000円  
  初年度  817,800円
   計  1,097,800円
 
・私立大(文系)
  入学金  270,000円
  初年度 1,149,246円
   計  1,419,246円
 
・私立大(理系)
  入学金  270,000円
  初年度 1,496,044円
   計  1,766,044円
 
・私立大(医・歯学)
  入学金 1,025,000円
  初年度 4,664,560円
   計  5,689,560円
 
この「計」の部分を準備する必要がありそうです
 
 
 
 
 

さいごに

 
ただ漠然と「子どもにはお金がかかる」と聞くよりも、
実際に計算して、どのくらいかかるのかを知ることは
本当に大事だと思います。
 
 
いざ、必要なときに、お金が足りない!
 
 
子どもの将来を、親の貯蓄不足で
諦めさせなくてはならない…
 
 
そうならないためにも、概算でも計算して、
可能な金額を学費資金として、貯蓄していきましょう。
 
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。