赤ちゃんのあせも!対策は?

 

夏本番。暑い日が続きますよね。 動いていなくても、汗が流れてくるほどです。

 

特に、ママさんは、毎日追われる家事で、 汗びっしょりにも、なるのではないでしょうか?

 

赤ちゃんも、もちろん大人と同じように、 汗をかきます。

 

特に、真夏の暑い日などに、授乳をしていると、 赤ちゃんの首の後ろが、汗びっしょり、なんてことありませんか?

 

自分で、汗を拭き取れないので、 気がつくと、おしりや背中・首のまわりに、 あせもができていたりします。

 

そこで、今回は、 そんな赤ちゃんのあせもの、原因と対策について調べてみました。

 

ファムズベビー

 

赤ちゃんのあせも。原因は?

 

赤ちゃんは、実は、大人の3倍も、汗をかきます。

これは、大人よりも、体温が高く、 また、新陳代謝が、活発なためです。

 

さらに、汗の出る汗腺の数は、 生まれた時から、大人と同じ数だけあります。

あんなに小さな体に、大人と同じ汗腺の数。

 

赤ちゃんの、肌面積の、汗腺の密度は、 なんと、大人の12倍もあるそうです。

 

汗をたくさんかくことで、

汗の通り道を、塞いでしまうことからできるのが、 「あせも」です。

 

現段階では、はっきりとは解明されていませんが、 人間の肌に常駐する、「表皮ブドウ球菌」が、 汗をかくことで増殖し、あせもを発症する、と考えられています。

 

赤ちゃんは、当然ながら、 自分で、汗を拭き取ったり、お着替えしたりが出来ません。

 

その上、大人よりも、汗をかきやすい、ということが、 赤ちゃんに、あせもができやすい、原因です。

 

 

赤ちゃんのあせも対策。どうしたら?

 

あせもを予防するには、 汗をかいたままにしない事が、一番大事です。

 

着せ過ぎない

 

赤ちゃんは、もともと、大人と比べて、体温が高いです。

なので、大人の感覚で、服を着せると、 赤ちゃんにとっは「着過ぎ」になります。

 

ただでさえ、汗をかきやすいので、 着過ぎることで、余計に汗をかきます。

大人が着る、服の枚数より、 一枚少ないくらいが、ちょうど良いようです。

 

肌着や服の素材

 

汗を吸いやすく、乾きやすいもの、 かつ、肌触りの良いものが、あせも対策には良いようです。

赤ちゃんの肌には、綿素材がやさしいので、 ガーゼなど、やわらかいものがオススメです。

汗を吸いやすく、やわらかい、という点では、 タオルのような、パイル地も適していますが、 温める効果もあることから、あせも対策には、あまりオススメできません。

 

こまめに拭く・お着替えする

 

汗を吸った、肌着や服も、細菌が増殖するため、 あせもの原因になります。

赤ちゃんが、汗ばんでいると思ったら、 すぐに、お着替えをしてあげて下さい。

 

肌着や服に限らず、おむつも、こまめに交換して下さい。

また、濡れたタオルで、 やさしく拭き取ってあげることも、効果的です。

 

泡立てた石鹸でやさしく洗う

 

入浴時は、よく泡立てた石鹸で、 やさしく、洗ってあげて下さい。

特に、あせもになりやすい、首筋・背中・おしりや、 シワの多い、手首・脇など、重点的に洗ってあげましょう。

もちろん、しっかりと、石鹸を洗い流すことも大事です。

入浴後も、水分が残らないように、丁寧に拭いてあげて下さいね。

 

ベビーパウダーは?

 

最近は、あまり使われていない、ベビーパウダー。

使うことで、赤ちゃんの体も、サラサラになり、

一見、あせも対策になりそうです。

 

ですが、このベビーパウダー、 汗腺にパウダーが詰まって、肌トラブルを起こしやすいので、 あまり、オススメはできません。

 

 

我が家のあせも対策

 

うちの子は、2011年の7月に生まれました。

10月まで、猛暑日の続く、とても暑い年でした。

 

 

おっぱいと抱っこが、大好きで、 飲むか抱かれているか、のどちらかでした。

ただでさえ、体温が高いのに、私と、常に密着していることで、

余計に、汗をかきやすかったと思います。

 

 

また、とても、髪の毛の多い子だったので、

頭の汗も、すごい量でした。

 

背中・おしり・首の後ろ・頭、と

あっという間に、あせもだらけになりました。

 

赤くなり、かゆいのか、 自分で掻くこともできないことから、

毎日、よく愚図っていました。

 

生まれて間もない赤ちゃんに、あまり薬も使いたくなかったので、

とにかく、タオルで拭いてあげて、

お着替えもおむつも、頻繁に交換しました。

 

 

それでも、なかなか追いつきません。

 

いろいろと考えた結果、私が行ったのは、

汗を洗い流すための、お湯だけの沐浴、でした。

 

 

暑い日は、一日に3回、 お湯だけで、体と頭を洗い流してあげました。

 

そして、夕方に、一度だけ、

よく泡立てた石鹸で、しっかりと洗ってあげました。

 

本当に、少しずつですが、 日に日に、

あせもの赤みも薄くなり、きれいになって行きました。

 

 

さいごに

 

 

大人でも、真夏には、あせもができたりしますよね。

 

夏はもちろんですが、汗のかきやすい、赤ちゃんは、

冬でも、あせもができてしまいます。

 

入浴前など、裸にする時に、 よくよく、見てあげてくださいね。

 

 

まだお話のできない、赤ちゃんです。

しっかりと、ママが助けてあげましょうね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。