子どもの自転車!補助輪外しのおすすめアイテム!
 
 
補助輪付きの自転車を買ってしまったけど、
さて、この補助輪、一体いつ外れるのかしら?
と、お悩みのママさんも多いと思います。
 
 
補助輪を外す練習法や、練習のためのアイテムも、
今では、たくさんありますよね。
 
 
我が家も、
 
三輪車購入→補助輪付き自転車購入
 
という、昔ながらの王道で進みましたが、
やっぱり中々上手く進まない、補助輪外し。
 
 
今回は、いろいろ悩んだ結果、
私が選んだ「補助輪外し」作戦について、
お伝えしたいと思います。
 

 
 
 
 

最初に補助輪付き自転車を買ってしまった!

 
 
 
なんのリサーチもせず、自分が育った時の感覚のまま、
子どもが3歳になったときに、補助輪付き自転車を購入しました。
 
 
特に、子どものこだわりもなく、
キャラクターものだと、集中できないというタイプだったため、
あえてシンプルな、飽きないデザインのものを選びました。
 
 
もし、また子どもを授かって、
性別が違っても対応できることも考えました。
 
 
 
昔、何かのテレビ番組で、
補助輪を外す練習は、ペダルごと外せばOK!
のようなものを観た記憶があり、そのまま実行すればいいかな?
と、単純に思っていました。
 
 
 
が!!!!!
育児って、なんかいろいろ、
思った通りにはいかないものです(´;ω;`)ウゥゥ
 
 
4歳目前になり、
いざ補助輪外しの練習をしようと、
ペダルを根元の部品から外そうとしました。
 
 
これが・・・全然外れないんです。
 
 
なんとかすれば外せるんですが、
自宅の工具では、どう考えても無理。
 
 
近所の自転車屋さんに行って、
外してもらおうとも思ったのですが、
また、付けてもらいに行く必要があります。
 
 
とりあえず、補助輪だけ外すと、
テンションが高いと、ノリノリで練習するのですが、
どうやら、普通の自転車は、重たい様子。
 
 
上手くバランスが取れない上に、
重さがあるとなると、なかなか練習も進みません。
 
 
しかも、ちょっとでも転んだりすると、
また補助輪をつけてほしいと訴えてきます。
 
 
この補助輪の付け外しも、結構面倒なもの。
 
 
だんだんと、私のイライラが増えてきてしまいました。
 
 
 
 
 

追加購入するのに、おすすめアイテム!

 
 
 
すでにリサーチしている、賢いママさんは、
補助輪付き自転車は購入せず、
ペダルなし自転車のストライダーや、
へんしんバイクなどを購入していました。
 
 
でも、もうすでに、
補助輪付き自転車を買ってしまった我が家。
 
 
今さら、高額なストライダーなんて、とても買えないし、
かといって、へんしんバイクなんて、もっと高額。
 
 
でも、補助輪を付けたり外したりも、いい加減イヤ!
 
 
自転車屋さんに行って、ペダルを外してもらっても、
子どもが怖がって乗らなくなったら無駄!
 
 
そこで、選んだのがコチラです。
 
  
 
実は、この『ちゃりんこマスター』
ストライダーにはない、ブレーキ機能がついています!
 
 
ストライダーを買っている子のママさんは、
ブレーキがついていないため、靴で止まろうとするので、
どんどん靴底が減って、すぐにダメになってしまう、と悩んでいました。
 
 
価格は、ストライダーの約半値くらいでしょうか?
 
 
ストライダーというブランド力には、劣ってしまいますが、
半値くらいで、同程度の商品が買えるなら、
私のイライラ防止のための投資と考えると、安い!と判断しました(笑)
 
 
 
 
 

使ってみてどうだった?

 
 
 
到着して一日で、
上手に乗りこなせるようになりました。
 
 
それから2週間ほど、ちゃりんこマスターだけで過ごし、
ある日、補助輪を外した自転車に乗ってみる、と言い出しました。
 
 
まぁ、まだ無理だろうなぁと思いながらも、
珍しくやる気を出したことだし、
試しに補助輪なしの自転車を出してあげました。
 
 
このとき、近所の子たちも一緒に遊んでいて、
ママさん同士でも、楽しくお話ししていたのです。
 
 
期待していなかった私は、ママさんとのおしゃべりに夢中(ダメ母)。
 
 
 
ところが、ひとりのママさんが
 
「あれ?○○ちゃん、乗れてるんじゃない?」
 
 
 
そう。
 
スイスイ、スーイスイ乗ってました。
 
 
補助輪のない自転車に。
 
 
 
補助輪外しの練習は、一切していないこの私。
 
 
ちゃりんこマスターを買っただけ、与えただけで、
補助輪外れちゃいましたね。
 
 
嬉しいけど、あっけない(笑)
 
 

補助輪が外れても使えます

 
 
 
補助輪を外すための、練習アイテムとして購入した
ちゃりんこマスターですが、補助輪を外したらお蔵入り…
ではありませんでした!
 
 
ペダルとチェーンが無い分、保管スペースもあまりとらず、
片手で持てるくらい軽いため、意外とどこへでも持ち運べます。
 
 
我が家では、公衆トイレまで距離のある大型の公園や、
実家の帰省時などに、車に積んでお出かけしていました。
 
 
 
自転車とちゃりんこマスターという2択から選択できるので、
子どもも、その日の気分で使い分けています。
 
 
 
 
 

さいごに

 
 
 
家計のやりくりを毎日考えて、ママ業って本当に大変です。
 
 
私も同じく、毎日お財布と戦っています。
 
 
 
最初は、根性で自転車一本で乗り切るぞ、
と強く思っていました。
 
 
それは、あくまでも、私自身の考えであって、
子どもの気持ちではないんですよね。
 
 
楽しく練習できるなら、それが何より一番良い方法。
 
 
ママがイライラしてたら、上達どころか、
練習すら、つらいものになってしまいます。
 
 
 
ママが笑顔で、子どもも楽しく過ごせるのなら、
多少の出費や投資なんて、安いものだなぁと
この自転車の件で思いました。
 
 
あっさり補助輪が外れてしまい、
母としては、一緒に頑張った感を味わえなくて、
ちょっぴり寂しいんですけどね^^
 
 
自転車買っちゃったよ~、だけど補助輪なかなか外れないよ~
とお悩みのママさん、少しは参考になりましたか?
 
 
今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございます。