【トイトレ】補助便座の種類・タイプ別メリットとデメリット
 
 
子どもの、トイレトレーニングを始めるとき、
最初に気になるのが「補助便座」。
 
今では、いろんなタイプのものがありますよね。
 
いったい、どんな補助便座を選んだら良いんだろう?
 
と、悩まれるママも、いらっしゃると思います。
 
 
 
そこで、今回は、
子どもの補助便座の種類やタイプ、
タイプ別メリット・デメリットについて、
お伝えしたいと思います。
  

  

補助便座にはどんなものがあるの?

 
現在販売されている、補助便座には、
どのようなものがあるのか、調べてみました。
 
 
・おまる
・取り外して補助便座としても使えるおまる
・おもちゃ機能付き・キャラクター補助便座
・踏み台(ステップ)付き補助便座
・取っ手(ハンドル)なし補助便座
・折り畳み式携帯補助便座
 
 
 
こんなにも、たくさんの種類があったとは!
 
私自身も、ちょっと驚いてしまいました(笑)
 
 
 
これは確かに、
何を選んでいいのか、悩んでしまいますね。
 
 
 
 

補助便座のタイプ別メリット・デメリット

 
次に、それぞれの補助便座について、
どんなメリット・デメリットがあるのか、調べてみました。
 
 
 

おまる

 
言わずと知れた、昔からある「おまる」
 
メリット
 
トイレに抵抗のある子には、おすすめ。
いつも慣れている、部屋の中で、
トイレトレーニングが始められる。
 
デメリット
 
使用するたびに、洗う必要がある。
いずれトイレでトレーニングする際、
トイレ用の補助便座を購入する必要がある。
 
また、部屋でのトレーニングに慣れてしまうと、
別途トイレに慣れさせる練習も必要となり、
二度手間になってしまう。
 
 
 

取り外して補助便座としても使えるおまる

 
おまるとして、部屋の中でも使用でき、
便座部分を取り外して、トイレに装着する補助便座にもなる。
 
メリット
 
部屋の中でも、トイレでも使えるため、
普通のおまると比べ、別途補助便座を購入する必要がない。
 
部屋で慣れたおまると、全く同じ便座を、トイレでも使用できることで、
子どもも抵抗なく、トイレに慣れやすい。
 
また、おまるの下部分は、付属の蓋をすることで、
踏み台(ステップ)になるタイプもあり、
一度購入すれば、あとから買い足す必要がない。
 
デメリット
 
おまると同様、
部屋でのトレーニングに慣れてしまうと、
別途トイレに慣れさせる練習も必要となり、
二度手間になってしまう。
 
 
 

取っ手(ハンドル)付きタイプ

 
三輪車のハンドルのような、
取っ手の付いた、またいで使用するタイプ。
(取っ手を取り外せるものもある)
 
メリット
 
取っ手が付いていることで、
車の乗り物や、三輪車のような感覚で使用することができる。
 
また、取っ手が体の前にあることで、子どもが安心できる。
落下防止にもなる。
 
デメリット
 
取っ手があるため、足を広げて、またいで使用する必要があり、
ズボンやパンツを、全て脱がさなければならない。
トイレの度に、毎回、服の脱ぎ着が必要になる。
 
そのため、便座に座らせるまでに、多少時間がかかり、
間に合わずに、おもらしする頻度が多くなる。
 
子ども一人での、乗り降りができない。
 
 
 

おもちゃ機能付き・キャラクタータイプ

 
取っ手(ハンドル)付きタイプと、同じ形状で、
取っ手部分が、キャラクターになっていたり、
ボタンを押すと、メロディが流れたりするもの。
 
メリット
 
おもちゃ機能や、キャラクターがついていることで、
遊び感覚で、怖がらずにトイレに慣れることができる。
 
デメリット
 
上記、取っ手(ハンドル)付きタイプと同じ。
 
また、楽しいあまり、遊びに夢中になり、
トレーニングに集中できなくなる。
 
 
 

取っ手(ハンドル)なしタイプ

 
取っ手(ハンドル)の付いていない、
大人の便座を、小さくしたようなもの。
 
メリット
 
取っ手がなく、またぐ必要がない。
 
服・パンツを、全部脱がなくても使用できるため、
子どものトイレに、迅速に対応ができる。
 
デメリット
 
取っ手がないことで、手でつかまる部分がなく、
不安を感じたり、怖がったりする子には、向いていない。
 
 
 

踏み台(ステップ)付きタイプ

取っ手なしタイプの補助便座に、踏み台(ステップ)が装着されているもの。
 
メリット
 
踏み台があることで、
子ども一人でも、トイレの便座に乗り降りが可能。
 
デメリット
 
踏み台は、それなりの大きさがあるため、
トイレの中で、非常に場所をとる。
 
大人がトイレを使う際に、邪魔になってしまう。
 
 
 

折り畳み式 携帯タイプ

 
四つ折りに折り畳めて、コンパクト。
外出時などに持ち歩ける、携帯タイプ。
 
メリット
 
補助便座の備えられていない、外出先はもちろん、
実家などの帰省時でも、容易に持ち歩いて使用できる。
 
自宅でも使用できるので、
自宅・外出先と、同じものが使えることで抵抗が少ない。
 
デメリット
 
コンパクトとは言え、大きさは紙オムツ3枚分くらいの大きさ。
持ち歩くためには、ある程度の大きさのバッグが必要になる。
 
また、折れ曲がる部分に、
お尻の皮膚を挟めてしまうこともあるので、使用には注意が必要。
 
 
 

まとめ

 
本当に、いろんなタイプの補助便座がありますが、
メリットがあればデメリットもある、というのは、
何事も、全てにおいて言えることです。
 
一番大切なことは、
子どもに合っているものを選ぶ、ということだと思います。
 
トイレトレーニングは、ママの焦りは禁物ですし、
できることなら、楽しんで進めていきたいものですよね。
 
みなさんのお子さんには、どのタイプが合うでしょうか?
 
補助便座を選ぶときに、
今回の記事が、参考の一つになってくれると、
とっても嬉しいです^^
 
ぜひ、素敵なトイレトレーニングを!
 
  
最後までお読みいただき、ありがとうございます。