赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる!ギャン泣き!対策法は?

 

チャイルドシートを、嫌がる赤ちゃんって、

少なくないですよね。

 

かくゆう、我が子もそうでした。

 

特に、ママと赤ちゃん、二人きりで車に乗る時、

赤ちゃんが、チャイルドシートで、ギャン泣きなんてされると、

ママも運転に集中できず、困ってしまいます。

でも、 車の中は、家の中と違って、危険が多いですよね。

 

赤ちゃんや、幼い子どもは、

自分で自分の安全を、確保することができません。

 

 子どもの、大切な命を守ってあげるため、

チャイルドシートの使用が、義務付けられています。

 

使用しなければ、 「幼児用補助装置使用義務違反」となり、

一点の減点にも、なってしまいます。

 

そこで今回は、 チャイルドシートを嫌がる赤ちゃんの、

原因と対策法のついて、調べてみました。

 

 

 

どうしてチャイルドシートを嫌がるの?

 

・車内の温度が不快

・車内のニオイが不快

・ママの顔が見えなくて不安

・縛り付けられるのが嫌い

・長時間、同じ体勢が不快

 

大人が思うよりも、赤ちゃんって、とっても敏感。

いつもと少し、何かが違うだけでも、 察知して、不安になったりするものです。

 

 

チャイルドシートで泣かない対策法

 

<車内の温度は適温へ>

赤ちゃんは、 大人よりも体温が高く、非常に暑がりです。

大人が感じる温度よりも、 プラス3度以上も、暑く感じるようですね。

 

車の中は、密室のため、非常に暑くなりやすいです。

 

赤ちゃんを、車に乗せると、

家の中や、外との気温に、差がありすぎて、

非常に不快に思います。

 

乗せる前に、少しの間、車の窓を開けておき、

温度調節をしてから、乗せてあげましょう。

また、夏場などは、

チャイルドシートに、保冷剤などを敷いてあげるのも、

赤ちゃんが不快に思わない、対策になるようです。

 

 

<車内のニオイを消す>

車の中って、特有のニオイがしますよね。

私も、新車やタクシーのニオイが、とっても苦手です。

 

赤ちゃんは、ニオイにも、とても敏感です。

良い香りがする、車用の芳香剤でも、 特有のニオイは消えてくれますが、

敏感な赤ちゃんにとっては、それも不快に感じることもあります。

 

無香タイプの消臭剤などで、

ニオイを消してあげましょう。

 

また、こまめに、窓を開けて、

空気の入れ替えを、してあげて下さいね。

 

 

<ママの声を聞かせてあげる>

パパが運転しているときは、

赤ちゃんに、ママの顔を見せてあげられます。

 

ママが運転している時は、

顔も見えなくて、非常に不安になることも。

 

 

そんな時は、 声を聞かせてあげましょう。

運転中なので、 危険にならない程度に、

やさしく話しかけてあげてください。

 

赤ちゃんが好きな歌を、

ママが歌ってあげるのも、いいかもしれません。

 

声が聞こえることで、近くにママがいるんだとわかり、

安心して、泣き止むことがあるようです。

 

 

<飽きないように工夫してみる>

同じ体勢が嫌だったり、

縛り付けられるのが、苦痛だったり。

 

これは、大人でも同じです。

車の後部座席って、長時間乗っていると、 大人でも、結構退屈してしまいます。

 

でも、何か熱中できることや、楽しいことがあれば、

車の中でも、退屈せずに過ごすことができます。

 

大好きなおもちゃを、何点か車に持ち込んだり、

大好きな歌のCDをかけてあげたり。

 

自分で、おもちゃを手に持てるようになると、

歯がためなどの、口に入れて噛めるおもちゃなど、

安心することが、多いようです。

 

また、車の天井から、ぶら下げるおもちゃなども、

車の揺れで、ぶらぶら動いてくれるため、

見ているだけでも、楽しく感じてくれるようですね。

 

 

我が家のチャイルドシート対策!

 

冒頭でも、お伝えしましたが、

うちの子は、それはもう、大変なチャイルドシート拒絶症でした。

 

ドアの開閉時の、どんなに小さな「カチャッ」という音でも、

目を見開いて、起きてしまうくらいの、敏感ちゃん。

 

 

チャイルドシートに、乗せる前は、

ニコニコご機嫌で、抱っこされていたのに、 乗せようとすると、途端に恐怖の顔へ。

 

 

我が家は、子どもが3歳になるまで、 主人が、単身赴任の生活でした。

 

そのため、普段、車に乗る時は、

私が運転をして、子どもが後部座席に乗る、というかたちです。

 

 

私が運転をするしかないので、

後部座席で、泣かせておくしかなかったのです。

 

 

それにしても、全く泣き止まず、

泣き声も、どんどん大きくなるばかり。

 

 

仕方がないとはいえ、

私としても、気が気ではなく、 運転に、集中できません。

 

 

そんな日々も続き、 ある日、衝突事故に遭ってしまいました…。

 

我が子の泣き声で、運転に集中できず、

ふと、後部座席を振り返った時に、 ガードレールに、ガツン!と。

 

 

その事故をきっかけに、

なんとかチャイルドシートで、泣かずに済む方法がないだろうか?

と、本気で考えるようになりました。

 

 

ママの顔が見えるミラーや

車の上から、ぶら下がるおもちゃ、

歯がためから、音の出るおもちゃ。

 

 

ありとあらゆる、おもちゃを与えてみましたが、

あまり、効果がありませんでした。

 

 

ふと、運転中に、暑く感じた私が、 車の窓を、少し開けると 同時に

ピタっ、と泣き止んだんです。

 

 

泣き続けていたこともあって、暑かったんですね。

また、車の窓をあけることで、

外の音が聞こえることも、楽しかったようです。

 

 

さいごに

赤ちゃんにとって、不快に感じることは、

なかなか大人には、気がつくことができません。

 

 

温度やニオイなどにも、敏感な赤ちゃん。

何よりも、ママの気持ちに、一番敏感なんですよね。

 

「今日も嫌がるんだろうな・・・」

 

なんて思ってると、赤ちゃんだって、不安に感じちゃいます。

 

 

車の中だって、楽しいんだよ、

ママとのドライブは、楽しいんだよ、

今日は子どもと、どこへ行こうかな?

 

 

ママが、そんな楽しい気持ちだと、

赤ちゃんだって、きっと楽しい。

 

 

焦らずに、対策法をひとつずつ、試してみてください。

必ず、その子にあった、対策法が見つかります。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!